PH(水素イオン濃度)

水素イオン濃度とは、物の溶けている水、つまり水溶液の中に、どれだけの水素イオンがあるのかその濃さを表しています。・・・ちょっと難しいかもしれませんね。どれくらいの濃さかは、PH(ペーハー)という記号を使って、数字で表します。酸性・中性・アルカリ性という、水溶液の性質を示しています。

水素イオン濃度は、PH1〜PH14まであります。水素イオンがたくさんあると「酸性」、少ないと「アルカリ性」、中くらいだと「中性」といいます。これをPHで表すと、中性はPH7、PHより小さいのが酸性、大きいのがアルカリ性です。水素イオンが濃くなるほど、PHは小さくなります。PH7がどのくらいかというと、1gの水溶液の中に、1000万分の1グラムの水素イオンが含まれていることになります。PHの大きさが1下がると、水素イオンの濃度は10倍になります。

ところで、実はヒトの身体にも、PHはあるのです。
石けんやシャンプーのテレビコマーシャルなどで、「弱酸性」という言葉を耳にしたことがありませんか?弱酸性とは、PHが7に近い、弱い酸性のこと(PH4.5〜5.5位)。人の皮膚や髪の毛はPHが5くらいです。弱酸性の石けんは、人の皮膚と同じくらいのPHなので、皮膚に優しいと言われています。更に皮膚が弱酸性になっていると引き締まって、シワができにくいのです。





関連アイテム   スキンケアヘアケア


© 2003 BIKENDO CO.,LTD - All rights reserved. Produced by BIKENDO CO.,LTD